アセット不動産 > 用語集 > や行 > 容積率
不動産投資用語集

容積率

容積率の定義は建築基準法に規定され、延べ床面積の敷地面積に対する割合のことです。用途地域やその地区の都市計画において規制値が定められ、一般には容積率を超える延べ床面積の建築物を建てることはできません。
不動産投資では、その土地の容積率を確認しておくことが大切です。さらに道路幅によっても制限値が異なるため、狭い道路にしか接していない地域では少ない面積の建物しか建築できない規定がされています。敷地面積によって算出される床面積の規制値も必ずしも限度まで使いきれるわけではありません。
建築基準法では他にも高さの制限や日影規制があり、限度までの面積で建てられない場合があります。建物内の駐車場や地下に設けられた住宅の居室には緩和規定があります。

新着記事

記事一覧