アセット不動産 > 土地活用トップ > 立地条件に左右されにくい老人ホーム
立地条件に左右されにくい老人ホーム
立地に左右されにくい事が魅力的

オフィス・商業施設での土地活用となると、高い収益を生むことが可能となる反面、景気の影響により、収益にもブレが発生する可能性があります。好景気である状況化においては、非情に収益性に有利に働くのですが、景気の影響を受け、不景気となった際に不利に働いてしまう事も多々ございます。また、都心や繁華街などが適地となる、立地条件が限定的な事業でもあります。

その点、住宅型有料老人ホームについては、立地の限定的な影響を受けることが少なく、比較的どのような立地にも対応しやすいといえます。これは、住宅型有料老人ホームという経営上において、独自の特徴を持つため、立地の影響を受ける事無く事業の見通しを付ける事が可能です。

地域に貢献する事業

駐車場経営は、初期投資が比較的少なく、他事業への転用も容易なため、一般的にはじめての人に向いているといえます。駐車場経営という特性上、あまり必用とする資材や機械が少なく、駐車ニーズが高い土地であればある程度収入を見込む事が出来るためとなります。しかし、税務対策としての効果はあまり期待できません。

住宅型有料老人ホームは、所得税や相続税にもメリットがあり、なおかつ、地域社会にとっても意義のある事業となっています。収益性だけでなく、税制に非情に有利であり、尚かつ地域社会への貢献が出来る優れたビジネスとなります。