アセット不動産 > 投資家ブログ > サラリーマンが不動産投資をするメリットとデメリット

サラリーマンが不動産投資をするメリットとデメリット

不動産投資のいいところは、不動産という物件が確実に手元に残るということでしょう。
株やFXなどの金融投資の場合では、世の中の情勢次第ではゼロどころかマイナスになってしまう可能性もあります。
また売買のタイミングを計るためにマメに値動きを確認する必要があるなど手間もかかります。
その点、不動産投資なら毎日仕事で時間がないサラリーマンでも管理などは管理会社に任せることができるので、働かなくても収入がある不労所得の権利を得ることができるわけです。
デメリットとしては物件を購入するための初期費用が高いということと、空室になった場合に収入がなくなってしまうという可能性があることです。
それでも不動産という財産が残るのは大きなメリットといえます。

最近の記事一覧

月別記事一覧