アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資のオーナーが天災のためにしておくべき対策とは

不動産投資のオーナーが天災のためにしておくべき対策とは

こんにちは、水田 賢作です。
節税あるいは、将来の年金がわりのために不動産投資を検討している人は少なくありません。

不動産投資には、幾つかのリスクがあり、空室リスク、家賃滞納、火災、事故物件、金利上昇などのリスクが上げられます。他にも、地震や津波などの天災に対するリスクもあります。

日本は比較的地震が発生しやすいですが、耐震性能を完備した建物を作る建築技術力が高いです。

万一の事態に備えてしておくべき対策としては、さまざまなものがあります。
建物のガラスに飛散防止フィルムを貼る、入居者には家具が振動によって動かないように固定する処置をとってもらうなどして、防災への意識を高揚しておくことが大切です。
そして、オーナーとしては、地震保険には必ず加入しておくことが重要です。

最近の記事一覧

月別記事一覧