アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 空室率に影響する?不動産投資でオーナーが対処すべき住民トラブルとは

空室率に影響する?不動産投資でオーナーが対処すべき住民トラブルとは

平成27年1月より相続税が改正されました。資産を現金で持っている場合よりも相続税の評価額が圧縮できる不動産投資への関心が高まっています。
また日本は世界随一の長寿社会、一方で公的年金だけでは老後の安心が確保できないため、私的年金=老後の安定収入としても不動産投資が注目されています。
とはいえ、不動産に投資するには多額の初期投資が必要ですが、史上空前の低金利を活かして借入金で資金調達をして、返済には家賃収入を充てていけば、少ない手元資金で投資を始めて、返済がおわれば名実ともに自分の財産になります。

不動産投資のオーナーにとって、最大のリスクは空室です。空室で収入がとだえても、固定資産税をはじめとした維持費や、借入の返済は続けなければいけないため、空室率を下げることがオーナーの最大の仕事になります。
住民トラブルは、目に見えにくいですが、入居者の退去につながりかねないため、目先の解決ではなく、両者が納得して不満を解消することが大切です。

最近の記事一覧

月別記事一覧