アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 始める時に考えておきたい投資用物件の耐用年数と売却のタイミング

始める時に考えておきたい投資用物件の耐用年数と売却のタイミング

こんにちは、長山 充世です。
不動産投資を行う際にポイントとなるのが物件の耐用年数です。
土地は普遍的な価値を維持することが可能ですが、建物は老朽化してくると修繕を行う必要がありますし、
また場合によっては取り壊して立て直した方が価値を高められるといったケースがあります。 また年数によってもっとも高く売れるタイミングというものがあり、
売却益であるキャピタルゲインを手に入れる際にも不動産投資を行う上で考えておく必要があります。

一般に投資用物件でもっとも高く売れるタイミングとしては新築から保有している場合には5年目、
また経年によって家賃の下落や設備の不具合が出始める10年前後です。
このタイミングで売却するのが一番ベストなタイミングと言えます。
一方で中古であれば、法定耐用年数に達する直前が高く売れるタイミングといえます。
またもっとも売却額に大きく影響するのが入居率で、
入居率が高いほど現状の収益率が高い状態となるため物件を高く売ることができます(^^)

最近の記事一覧

月別記事一覧