アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資として駐車場経営をするメリットとデメリット

不動産投資として駐車場経営をするメリットとデメリット

こんにちは、高木 元治です。

不動産投資の手法の1つとして駐車場経営があります。
駐車場経営の1番のメリットは初期投資を他の活用よりも抑えられることがあげられます。
また管理費もそれほど掛からないためランニングコストの心配もありません。
逆にデメリットは税金面であまり恩恵を受けられないことです。

マンション・アパート経営などの不動産投資では固定資産税や相続税の税額控除などの
制度利用がありますが、駐車場運営の場合はそういった制度の利用効果が
少なかったり、全く無かったりします。

また確定申告での償却資産が少なく期間も短いため、所得税の税額控除があまり受けれません。
そのため駐車場経営のほうがせっかく初期投資額が少なく見た目は利益を出せても、
実際の手残り金額を比較すると、最初である程度費用負担をしなければならない
マンション・アパート経営の方が利益が大きいことがあります。

土地活用においてはその土地の立地や周辺状況などの情報を正確に把握し、
土地の適性を見極める必要があります。

最近の記事一覧

月別記事一覧