アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 空室対策に有効?適切な投資物件のリフォームについて

空室対策に有効?適切な投資物件のリフォームについて

不動産投資のリスクの一つに空室リスクがあります。 せっかく投資物件を手に入れても入居者がいないことには家賃収入が得られませんので、賃貸物件を購入した意味がなくなります。
空室対策は非常に重要ですが、具体的にはどういったことをすればいいのでしょうか。 例えば空室が続く理由の中には部屋が汚いから、設備が悪いから、というものが多く見られます。
その場合事態改善のためにリフォームをすることが有効な解決策になります。 できるだけ早い段階でリフォームを済ませ、入居者を早くに決めるのが賢明です。
空室の状態を長く放置するのは損害が出てしまいますのでおすすめできません。 ただ不動産投資物件ですので、あまり多額のコストはかけられません。
そこでおすすなのが安価でチャレンジできる模様替え。例えばおしゃれな照明器具などを取り入れると部屋のイメージは大きく変わります。 トイレットペーパーのホルダーを新しいものに交換しただけでも、好印象を与えた事例があるほどです。 インテリアを少しチェンジするだけでイメージがぐんとアップしますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

最近の記事一覧

月別記事一覧