アセット不動産 > 投資家ブログ > 山口 英真 > 新築のアパート経営で考えておきたいメリット・デメリット

新築のアパート経営で考えておきたいメリット・デメリット

こんにちは、山口 英真です。
不動産投資を行うさいにはいくつかの選択肢があります。その一つが新築アパートです。
新築のメリットは、新しいため入居募集者を集めやすく、また賃料を高めに設定できるといったことが挙げられます。これはアパートでもマンションでも同様です。
一方でデメリットは、新築といってもその効果が得られるのは5年程度であり、それ以上過ぎると中古扱いになってしまうことです。
日本では新築志向が強いため、特に収益性の高い地域では新築の方が収益性がよくなりますが、そうではない地域では新築は不動産投資としてはリスクが高くなります。
また新築の期間は短くアパートの場合には建物の寿命も長くないため、新築の期間にアパートをフル稼働させないと得られるはずの収益を悪化させる要因にもなります。

最近の記事一覧

月別記事一覧