アセット不動産 > 投資家ブログ > 匿名組合出資(TK出資)の特徴

匿名組合出資(TK出資)の特徴

匿名組合出資(TK出資)の特徴 匿名組合(Tokumei Kumiai)の頭文字を取って、「TK」と言われます。 この組合は商法における組合契約の一形態となります。 組合については、複数人が契約によって収益分配する方式をとっており、SPCでTK出資を利用する際には、SPCとTK出資者が匿名組合契約を締結し、 損益分配に関する取り決めをすることによって成立します。 TK出資は、民法上の組合とは異なり、有限責任ですので、SPCが倒産したとしても、 TK出資者は出資額以上の責任を負いません。すなわち、有限責任となります。 日本においては、構成員課税(パススルー)が行われる形態が極端に少なく、 特に会社形態で構成員課税が可能な仕組は存在しません。 外国であれば、LLC(日本での合同会社)が構成員課税(パススルー)可能であったりしますが、 日本は税務上の扱いが厳しく、単独で構成員課税(パススルー)可能な仕組を作ることができません。 このような事情から、SPCから発生する損益を構成員課税(パススルー)するために、 TK出資を行い、利用しています。 ただし、TK出資は、いろいろなスキームで利用されていて、税務当局との見解がまだ相違する場合もあります。 この方法をはじめたころと比較すると、税務上の取扱いが頻繁に変更されています。 初めのころはSPCがTK出資者に配当する場合に、源泉徴収を行わなくても良かったのですが、 現在はTK配当を行う際には、20%の源泉徴収を行わなければならなくなっています。 次回はSPCについてもご説明いたします。 不動産投資はアセット不動産

最近の記事一覧

月別記事一覧