アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資で土地活用!赤字のときに試せる節税知識、建物とは少し違う

不動産投資で土地活用!赤字のときに試せる節税知識、建物とは少し違う

不動産投資での2大節税は、賃貸収入から必要経費を差し引いて赤字になったときに給与所得から差し引くことが出来る不動産所得特有の損益通産の活用です。
これにより、所得税(会社員ですので給与天引きされた源泉所得税です)を確定申告によって税務署より還付を受けることが出来ること。
そして所得税の納税額をもとに決まる住民税を節税できる点が不動産投資の最大のメリットです。
賃貸収入で赤字になっているときなどこの制度があることでとり戻ることが出来ます。
本来はキャッシュベースで支出が無いのに経費になる減価償却費が不動産投資の醍醐味なのですが、なにぶん土地は減価償却できません。
建物との比較では少々物足りないかもしれませんが、建物は貸し出し中に退去が困難なのに対し、土地の場合は駐車場に代表されるように思いのほか簡単に退去してもらうことが出来るメリットもあります。

最近の記事一覧

月別記事一覧