アセット不動産 > 用語集 > た行 > 都市計画法
不動産投資用語集

都市計画法

都市計画法とは、地方自治体が秩序だった都市を形成するために定めた法律です。地方自治体ごとに多少の内容の総意はありますが、都市を都市計画の対象となる区域と対象外の地域に分け、対象となる地域では、建築に対して制約が加えることで、無秩序な都市の形成を阻止することを目的としています。
都市計画法の対象となる市街化区域は、さらに住居系、商業系、工業系のそれぞれに分けられます。このうち、特に住居系は、住環境を保護するため、個人の土地や建物に対しても大きな制約が課せられます。また、これとは別に市街化を抑制すべき区域として市街化調整区域があり、ここには原則的に建物を建てることができないため、不動産投資の際にはよく注意する必要があります。

新着記事

記事一覧