アセット不動産 > 用語集 > た行 > 建物明渡訴訟
不動産投資用語集

建物明渡訴訟

不動産投資の世界において建物明渡訴訟とは、賃借人が家賃を払ってくれない場合や、家賃滞納などを理由に契約を解除したけれども賃借人が立ち退いてくれない場合に、裁判を起こすことを言います。
立退をお願いしたにもかかわらず建物の明け渡しが行われなかった場合、賃借人を強制的に立ち退かせるためには法的な手続きを踏む必要があります。法的手続きを踏むことで債務名義を取得し、立ち退きを強制執行する必要が有るのです。
不動産投資として家屋の賃貸を行っている場合には、家賃の未収による被害を最小限に留めることを目的として、早期に建物明渡訴訟に着手し、家賃滞納を免除したり、ある程度の立ち退き猶予、場合によっては立退料の支払い等を条件として、賃借者に家屋を明け渡してもらいます。

新着記事

記事一覧