アセット不動産 > 用語集 > さ行 > 証券化不動産投資のメリット
不動産投資用語集

証券化不動産投資のメリット

投資には、所有者が得られるインカムゲインと、手放すことによって得られるキャピタルゲインがあります。 預貯金の利子や配当、不動産なら家賃収入がインカムゲイン、株や不動産を売却した場合の売却益がキャピタルゲインです。 不動産のように価格が変動する資産ではキャピタルゲインは短期間で高額の利益を得る可能性がありますが、長期間安定した収入を得るならアパート・マンション経営によるインカムゲインが魅力です。 不動産投資は、インカムゲインが預貯金の利息より高く、価格が上がれば売却でキャピタルゲインを得る一方、価格が下がっている間は家賃収入を得ていれば価格下落のリスクはないことです。 反面、不動産の投資は高額の資金が必要になるのが難点ですが、複数の投資家から資金を集める証券化不動産投資なら少額からでも始められます。 不動産投資の特性である高いインカムを持ちつつ、デメリットである最低投資金額の大きさを解消したのが証券化不動産投資です。投資には、所有者が得られるインカムゲインと、手放すことによって得られるキャピタルゲインがあります。 預貯金の利子や配当、不動産なら家賃収入がインカムゲイン、株や不動産を売却した場合の売却益がキャピタルゲインです。 不動産のように価格が変動する資産ではキャピタルゲインは短期間で高額の利益を得る可能性がありますが、長期間安定した収入を得るならアパート・マンション経営によるインカムゲインが魅力です。 不動産投資は、インカムゲインが預貯金の利息より高く、価格が上がれば売却でキャピタルゲインを得る一方、価格が下がっている間は家賃収入を得ていれば価格下落のリスクはないことです。 反面、不動産の投資は高額の資金が必要になるのが難点ですが、複数の投資家から資金を集める証券化不動産投資なら少額からでも始められます。 不動産投資の特性である高いインカムを持ちつつ、デメリットである最低投資金額の大きさを解消したのが証券化不動産投資です。

新着記事

記事一覧