アセット不動産 > 用語集 > さ行 > 斜線制限
不動産投資用語集

斜線制限

斜線制限は不動産投資において、その土地に建つ建物の形を知る上で必要な規制内容です。
斜線制限は主に建築基準法に規定され、道路斜線、隣地斜線、北側斜線があります。
道路斜線は前面道路の反対側の境界線から敷地内に建つ建築物の部分までの距離に、一定の係数をかけた数値を規制値として、建築物の高さを制限するものです。
隣地斜線は隣地の境界線から、北側斜線は真北方向の隣地或は、道路の反対側の境界線を基準として、同じような規制がかけられています。
道路斜線と隣地斜線に関しては、天空率による緩和規定が受けられます。建物を奥に引っ込めて、幅を狭くすることで、基準となる規制線に対しての天空率を大きくすることで、斜線制限の緩和を受けることができます。
北側斜線に対してはこの緩和は適用されないので、注意が必要です。

新着記事

記事一覧