アセット不動産 > 用語集 > さ行 > 心理的瑕疵
不動産投資用語集

心理的瑕疵

心理的瑕疵とは、目に見えない不具合や欠点があるということで、心理的瑕疵物件というといわゆる事故物件などのことを指します。
過去に住民が自殺した物件や、事故や殺人事件などが起きて人が亡くなっている物件などがこれにあたります。つまりその瑕疵によって、その物件を契約したくないと思わせるような条件のある物件のことです。
ほかにも火葬場などの嫌悪施設が近くにあるとか、反社会勢力の組事務所が近隣にある場合なども含まれます。
このような瑕疵のある物件は告知義務があり、購入者や借り主に知らせなければならないのです。ですから不動産投資をする場合も、このような瑕疵のある物件を契約する際にはよく検討する必要があります。

新着記事

記事一覧