アセット不動産 > 用語集 > な行 > 任意組合とは
不動産投資用語集

任意組合とは

「任意組合」とは不動産共同投資事業のなかで、民法に基づいた組合形式の共同事業体のことをいいます。 任意組合は「民法上の組合」とも呼ばれ、 組合の目的の内容は問われません。 複数の人が金銭などを出資し、共有持ち分権を購入し事業を行い、その事業から生じる利益を分配することを約した契約によって成立します。 任意組合員は、匿名組合出資者とは違い、組合としての事業については無限責任を負うことになります。

新着記事

記事一覧