アセット不動産 > 用語集 > な行 > 内法面積
不動産投資用語集

内法面積

不動産投資を行う場合は、建築物の面積の算定方法の種類を知っておく必要があります。
建築物の面積の算定方法には、壁芯面積と内法面積があります。壁芯面積は建築基準法に細かい規定がされており、壁の構造体の中心線で面積を算定するものです。木造の場合は柱の中心線、鉄筋コンクリート造の場合は構造躯体の中心性、鉄骨造の場合は壁を構成する鉄骨の中心線で面積が測定されます。
壁芯面積は通常の不動産販売や仲介における建物の面積としても使われています。一方、マンションなど区分所有建物の面積は、壁芯面積ではなく、壁の内側の部分の面積である内法面積で登記される決まりとなっています。内法面積は、壁の厚さの半分が差し引かれるため、壁芯面積よりも小さくなります。

新着記事

記事一覧