アセット不動産 > 用語集 > あ行 > LTVを活用してレバレッジを確認
不動産投資用語集

LTVを活用してレバレッジを確認

LTVは、不動産の評価額に対しての借入金割合のことを示します。 これを見ると、どの程度のレバレッジが効いているかを確認出来ます。 例えば、2,000万円の物件に投資するときに、1,000万円借入れをするとLTVは50%です。 計算方法は、1,000万円÷2,000万円×100=50%となります。 LTVを高めることで少ない自己資金でも、投資の効率を良く出来ます。 ただ、それに伴い投資の不確実性が増える(リスクが高くなる)ことも考慮した方がよいです。 不動産価格が下落すると、売却しても借入金を返済しきれなくなったり、借換えが難しくなることもあります。 マンション一室への投資など、リスクの分散が出来ない場合だと、借金に頼るよりも借入金割合を下げておいた方が安心です。

新着記事

記事一覧