アセット不動産 > 用語集 > ら行 > レバレッジ分析と不動産経営
不動産投資用語集

レバレッジ分析と不動産経営

不動産経営においてはレバレッジ比率とレバレッジ分析を行うことは不動産投資による経営が成功するか、失敗するかを判断する重要な役割をはたしています。レバレッジ比率とレバレッジ分析は自己資本と他人資本を比較することにより会社経営の安全性を評価する指標にもなっています。返済義務のある他人資本を返済義務のない自己資本でどの程度まかなえているのかをみる指標といえます。レバレッジ比率=(他人資本÷自己資本)×100です。この数字が100%を上回ると安定性に欠ける不動産経営といえます。その評価がレバレッジ分析です。自己資本を活用した他人資本の調達の度合いを表す指標でもあります。資産の有効活用が上手な経営こそが不動産経営の成功です。

新着記事

記事一覧