アセット不動産 > 用語集 > か行 > 空室保証
不動産投資用語集

空室保証

不動産のオーナーが不動産の管理会社とは別に保証会社に掛け金を払うことで、空室が増えて家賃収入が減ってしまうときでも不動産全体の家賃の一定の割合を保証してもらえるという制度を「空室保証」と言います。
従来の家賃保証やサブリースなどと違い、賃貸管理は管理会社に委託するので保証額以上の家賃や敷金、礼金、更新料などの家賃以外の収入はすべてオーナーのものになり、保証の割合も80%~90%と高い水準であることが多いので収益率が高いのが特徴です。
不動産投資にはつきものである空室リスクを減らすことができ、もし空室が増えてしまった場合でも一定の収入を保つことができるので、家賃保証やサブリースと比べてもとても人気のある制度です。

新着記事

記事一覧