アセット不動産 > 用語集 > か行 > 高度地区
不動産投資用語集

高度地区

不動産投資では高度地区の規制にも注意する必要があります。不動産投資では、土地の価値を把握するために、そこに建つ建築物の大きさを想定することがありますが、その場合は建築基準法のみで判断してしまいがちです。高度地区の定義は都市計画法にあり、実際の制限は、自治体から条例の形で出されるため見落としがちです。高度地区には高さ制限が設けられ、特に北側斜線は、建築基準法の規定よりも厳しいものです。
建築基準法はクリアできても、条例の高さ制限に抵触するのでは、建築物は建ちません。敷地の価値を調べる場合は、当該土地を管轄する市区町村の担当課において、建築基準法以外の規制があるかどうかを調べる必要があります。動揺に規制には地区計画などがあります。

新着記事

記事一覧