アセット不動産 > 用語集 > か行 > 小口化不動産投資の仕組みとメリットとは
不動産投資用語集

小口化不動産投資の仕組みとメリットとは

小口化不動産投資というのは、対象となる不動産を複数の投資家が共有することによって、投資額を小口にした仕組みのことをいいます。 土地やマンション、アパートなどといった現物の不動産をまるごと購入すると、それだけでも億単位の費用がかかってしまいますし、収益がかならず得られるとは限らず、失敗した場合の損失の金額も多大なものとなってしまいます。 しかし、不動産会社などが主体となって不動産を取得し、投資家を募って共有持分として分割すれば、不動産会社のほうは資金調達が容易になりますし、投資家のほうとしても、少ない金額から投資ができる上、みずから現物不動産を取得するよりも、はるかに低いリスクとなります。 小口化不動産投資の対象であるマンションの賃貸収入などの収益は、持ち分にしたがって投資家に配当されますので、リスクとリターンのバランスを考えながら、適切な投資ができるというメリットがあります。

新着記事

記事一覧