アセット不動産 > 用語集 > か行 > 金融事故物件
不動産投資用語集

金融事故物件

老後の資産運用として注目されているのが不動産投資です。
とくに毎月定期的な収入が見込めるアパート経営を行なう方も増えており、今後も増加の一途をたどることでしょう。しかしメリットだけがある訳ではなく、デメリットもしっかりと心得ていなくてはいけません。
用心をしたいのが、本来は数千万~数億はするであろう戸建て住宅やマンションが破格の価格で販売されているものです。多くは前の持ち主が住宅ローンが払えず破綻をした金融事故物件であるのです。安い買い物だと飛びついたらあとで痛い目を見るので注意をしましょう。
不動産投資において、どのような事故物件でもそれだけで価値が大きく下がります。特に金融事故物件は日本特有の縁起の悪さも相まって投資には向きません。

新着記事

記事一覧