アセット不動産 > 用語集 > か行 > 瑕疵担保責任
不動産投資用語集

瑕疵担保責任

不動産投資で知っておく必要のある用語です。
住宅を新築する場合、販売者または建築業者は建物の購入者に対して10年間の瑕疵担保責任を負わなければなりません。
瑕疵が発見された場合、建築当時の業者が存在していなかったり、資金不足のために住宅の補修が出来なくなることで購入者に不利益が生じないように、販売者、もしくは建築業者は住宅瑕疵担保保険への加入が義務付けられています。
住宅瑕疵担保保険は国土交通大臣の指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人により運用され、業者側は設計段階の審査と現場段階での基礎検査、躯体および防水検査を受けなければなりません。
保険期間内に瑕疵に関するトラブルが発生した場合は、住宅の購入者は弁護士等を紹介してもらえる制度も用意されています。

新着記事

記事一覧