アセット不動産 > 用語集 > か行 > 買付証明書
不動産投資用語集

買付証明書

買付証明書とは、不動産投資の為に物件を購入したいという人が、売主や仲介業者に、自分は不動産を購入する意思があるという事を表明する書面の事を言います。しかしこの書類を提出したからといって、すぐに売買契約が成立するわけではありません。あくまでこれは、購入希望者の一方的な意思表明なので、契約が無事に結ばれるかどうかは売主によって決まります。
また、この買付証明書は、売買契約書ではないので、一度提出しても後から撤回することもできます。しかしいつでも撤回できるからといって安易に提出してはいけません。
この証明書を仲介業者が受け取ると、売主へ報告し売買の調整が始まってしまうので、 安易な提出は仲介業者や売主からの信頼を失いかねませんので注意が必要です。
そして、人気の物件には同時に複数の買付証明書が集まります。売買契約は早いもの順ではないので、売主はその中から自分にとってよりよい条件の買い主と契約をする事が出来ます。例えば、代金を支払う際に一括の人と分割の人がいたらほぼ一括支払いの人のほうが選ばれますし、金額でもより高い額を提示すれば売買契約になる可能性も上がります。

新着記事

記事一覧