アセット不動産 > 用語集 > さ行 > 住宅金融公庫
不動産投資用語集

住宅金融公庫

不動産投資においては、住宅建設等の資金を民間に貸し付ける住宅金融支援機構の前身である、住宅金融公庫について知っておく必要があります。
住宅金融公庫は国の持ち家政策に基づいて、国民が自力で住宅の建築ができるように、低利で資金を貸し付ける機関として設立されました。発足時の1950年代から2007年3月まで、住宅を必要とする多くの個人や、共同住宅を建設する事業者等に資金を貸し付け、日本の住宅整備に貢献しました。2007年3月31日に組織は廃止され、4月1日より独立行政法人住宅金融支援機構として生まれ変わりました。
現在は住宅に対して長期固定金利の貸付を専門に行う機関となり、フラット35などの人気商品を扱っています。

新着記事

記事一覧