アセット不動産 > 用語集 > さ行 > 住宅借入金等特別控除
不動産投資用語集

住宅借入金等特別控除

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)とは、住宅の新築や取得、または増改築をした場合において、住宅ローンを利用している個人が一定の要件を満たす時に、年末時点の住宅ローンの残高の1%相当額を所得税および住民税から控除できる制度を言います。取得する要件が難しくなく、節税効果が高い制度である為、多くの人に利用されている事が特徴です。
ただし、この住宅借入金等特別控除は自己の居住用の財産に対してのみ適用できる制度である為、賃貸を目的とした住宅や転売目的のセカンドハウスといった不動産投資用の住宅を新築や取得をした場合については適用する事ができません。不動産投資用の住宅をローンで取得した場合は、ローンの金利部分が必要経費に算入されます。

新着記事

記事一覧