アセット不動産 > 用語集 > さ行 > 自己資金
不動産投資用語集

自己資金

自己資金とは、金融機関の融資などに頼らずに自分で用意した資金のことを指します。
不動産投資事業をはじめるにあたっては、他の事業をはじめるときと同じように、自己資金をたくさん用意できればできるほど事業を行う際に有利となります。
例えば、金融機関で不動産投資ローンに申し込む際には、投資の対象とする不動産物件の価格の2~3割に相当する金額と、諸費用を支払えるだけの金額の両方を用意しなければならないのが一般的であり、集めた資金が多いほど、頭金として多くのお金を出すことができるようになり、ローンの返済におわれる可能性が低くなります。
ただし、近年は自己資金がまったく無くても、申込者のスペック次第では必要な金額をすべて融資してくれるケースが増えてきています。

新着記事

記事一覧