アセット不動産 > 用語集 > か行 > 現物不動産投資の意味と方法
不動産投資用語集

現物不動産投資の意味と方法

現物不動産投資とは、家賃、地代、テナント料などの収入を得るために、マンションや土地などを購入したり、すでにある土地に建物を建てたりすることをいいます。現物不動産投資には大きく分けて二つの投資法があります。 一つは自分が持っている土地を貸したり、その土地に建物を建てて家賃収入を得ることです。もう一つは不動産を購入し、それを運用することで利益を得る方法です。現金で払うことは難しいので、ふつうはローンを組むことになります。 ローンを組んでする現物不動産投資は、利益も大きくなりますがリスクもあります。貸している部屋に空きが出てしまったりした場合は、収入がローンの返却に追いつかなくなることもありえるからです。

新着記事

記事一覧