アセット不動産 > 用語集 > は行 > 不動産取得税
不動産投資用語集

不動産取得税

不動産投資では様々な税金を考慮する必要があり、不動産取得税もその内の一つです。これは不動産を新築または増築した場合、あるいは売買や贈与により取得した場合において、各都道府県が課税する税金です。

不動産取得税の計算方法は、固定資産税評価額に一定の税率を掛けて算出しますが、平成30年3月31日までに宅地等を取得した場合は、固定資産税評価額を2分の1に減額した金額に税率を掛けます。税率は、同日までに取得した場合、土地と住宅用家屋については3%、それ以外の家屋については4%とされています。

例えば、土地付き建物を取得した場合、家屋は評価額から該当する控除額を差し引いた金額に税率を掛け、土地は評価額に税率を掛けて算出した税額から軽減される金額を控除して、それぞれに係る税額を計算します。

新着記事

記事一覧