アセット不動産 > 用語集 > あ行 > 不動産投資のEGIの意味 
不動産投資用語集

不動産投資のEGIの意味 

不動産投資では、投資利回りとリスク回避が重要です。 投資利回りは、年間の家賃収入を投資金額で利回りに換算したもので、3000万円の投資で150万円の家賃収入が得られるなら利回りは5%と計算します。 一方、不動産投資の大敵は空室と滞納、家賃収入がなくても固定資産をはじめとした維持管理費、借入があるなら返済も必要です。 EGI=実効総収入とは、GPI=総潜在収入、満室時に想定される賃料から空室分と滞納分を差し引いた実際の収入金額です。 賃料設定が高めで空室が多いと、GPIは大きくても、EGIは小さくなってしまいます。 値引き交渉を受けた時、賃料を下げて空室を減らせば、GPIは減りますがEGIを大きくすることが可能です。

新着記事

記事一覧