アセット不動産 > 用語集 > な行

不動産投資用語集

入居率

不動産投資用語にある入居率とは、マンションや、アパート などの部屋数全部に対して、入居している部屋の割合のことを いいます。 計算方法ですが、入居率=入居している部屋の数÷全体の部屋数です。 入居率が低いと収益率が少なく … 続きを読む 入居率

内法面積

不動産投資を行う場合は、建築物の面積の算定方法の種類を知っておく必要があります。 建築物の面積の算定方法には、壁芯面積と内法面積があります。壁芯面積は建築基準法に細かい規定がされており、壁の構造体の中心線で面積を算定する … 続きを読む 内法面積

ノンリコースローン

「ノンリコースローン」は、不動産投資ローンの形態の一つです。不動産を担保として借り入れた資金が返済不能となると、金融機関は債権を回収するために抵当権を行使して不動産を売却します。 このとき、通常のローンだと自己破産などの … 続きを読む ノンリコースローン

任意組合とは

「任意組合」とは不動産共同投資事業のなかで、民法に基づいた組合形式の共同事業体のことをいいます。 任意組合は「民法上の組合」とも呼ばれ、 組合の目的の内容は問われません。 複数の人が金銭などを出資し、共有持ち分権を購入し … 続きを読む 任意組合とは

内部成長とは

経費削減・リニューアル・テナントの入れ替え・賃料単価や稼働率の上昇などを行うことで、保有物件の収益性を高めることをいいます。

新着記事

記事一覧