アセット不動産 > 用語集 > あ行

不動産投資用語集

NOI

不動産投資用語の一つである「NOI」とは、「Net Operating Income」の略になります。これを日本語に訳すると「純収益」という意味になります。 「NOI」は純利益であるため、その算出方法は賃貸料などの収入か … 続きを読む NOI

RC造

数ある投資方法の中で、不動産投資は投資から利益を生み出すまでの過程の理論を正しく理解していれば、まず収益を得ることが可能な分野といえます。不動産投資のなかでもRC造で建造された物件は利益を生み出しやすいといえます。RC造 … 続きを読む RC造

NCF

NCFとは、ネットキャッシュフローのことを指す言葉で、現金の流れを把握する上ではきわめて重要になってきます。要するに、入ってくる金額から出ていく金額を差し引いたものですが、不動産投資の分野では少しニュアンスが異なります。 … 続きを読む NCF

ALC

不動産投資を行う上で押さえておきたい用語の1つにALCがあります。ALCとは軽量気泡コンクリートのことです。軽量気泡コンクリートはセメントなどに発泡剤を混ぜ、高温高圧の状態で養生を行って製造したものです。軽量な素材ですが … 続きを読む ALC

運用資産

運用資産はある程度必要です。不動産投資にしても、他の投資にしてもまずは運用資産を貯めることから始めることが必要になります。 最近はお金を借りて投資をすることも出来ますが、これだと投資のリスクにプラスして金利負担のリスクも … 続きを読む 運用資産

インフレヘッジ

不動産投資をすることで、インフレヘッジとなるのかという点については、物件により状況も異なります。インフレヘッジというのは通貨の下落による資産の減少を避けるために不動産に資産を変えるようなことをいうわけですが、これがうまく … 続きを読む インフレヘッジ

悪臭防止法

悪臭防止法は、規制地域内の工場及び事業場の事業活動に伴って発生してしまった悪臭についてその都度必要な規制を行うという法律のことです。それによって生活環境を保全し、国民の健康の保護活動を行うということを記しています。 この … 続きを読む 悪臭防止法

安全限界耐力

不動産投資においては、安全限界耐力の用語の意味を知っておく必要があります。 安全限界耐力は、建築基準法や構造計算の用語の中には無く、不動産業界において俗語として用いられています。建築基準法の耐震規定は1981年6月に改正 … 続きを読む 安全限界耐力

延焼被害

家ではいつ火災が起きるかわかりません。そして火事が起きた時、火元の家だけでなく、近隣の住宅から延焼する可能性もあります。そのような延焼被害で不動産投資にと購入した物件が焼けてしまった時、その損害は誰が弁償してくれるのかと … 続きを読む 延焼被害

アパート経営

購入したアパートを貸すことによって家賃収入を得るという不動産投資を「アパート経営」といいます。 長期的に安定した収入が見込めるため人気の投資方法です。 土地活用にもおすすめですし、節税効果も期待できます。 デメリットは空 … 続きを読む アパート経営

新着記事

記事一覧