アセット不動産 > 用語集 > か行 > キャピタルゲインについて
不動産投資用語集

キャピタルゲインについて

キャピタルゲインとは、株や有価証券、土地や建物の不動産を売った時に得られる利益のことです。買ったときよりも売値が高くなった時に売りますが、この売却益を得るために売買をします。 このキャピタルゲインは価格が変動するもの全てに当てはめることができ、他にも絵画や貴金属、ゴルフの会員権なども含めることができます。 戦後は日本の地価は上昇していましたが、現在では土地の下落が続いています。そのため、不動産を元にしたキャピタルゲインを得るためには、土地の立地条件などに詳しい専門家と相談をしながら立地条件が良い物件を所有し、適切な管理と運営をしていくことが求められます。 また、逆に所有している資産の価値が下がっているときに売却をしてしまうことをキャピタルロスといいます。

新着記事

記事一覧