アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資を行う上で1棟アパートを選ぶメリット・デメリット

不動産投資を行う上で1棟アパートを選ぶメリット・デメリット

不動産投資を始めるにあたり、区分で買うのか1棟アパートを買うのかは、最初の悩みどころになりますが、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。例えば、空室リスクを考えてみましょう。
区分で買えば、空室になるリスクと常に隣り合わせになりますが、20室ある1棟アパートがいきなり全て空きになることは考えにくいと言えます。また、区分は比較的ローコストで投資することができますし、5000万円で1棟所有するよりも都心の1000万円の区分を5物件所有するほうが、事務量は増えてもリスクは低いとも言えます。
最終的には、マーケットの状況や融資の評価、そして自分自身の人生設計や具体的な資金と相談しながら決めていくことになります。

最近の記事一覧

月別記事一覧