アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資には地方物件と都心物件のどっちがおすすめ?

不動産投資には地方物件と都心物件のどっちがおすすめ?

不動産投資を始めるにあたり、まず考えなければならないのは、地方物件にするか、都心物件にするかということでしょう。
地方物件は、最近の傾向として人口が減少していくことが考えられます。初めのころはすぐに借り手がついていたけれど、年を重ねていくうちに次の借り手が見つからないなど、空室リスクがあります。また、大きな工場やショッピングセンターなど、地方都市の働き口が撤退するなどしてなくなってしまった場合、需給バランスが崩れて家賃が下落するリスクもあります。
一方、都心物件は比較的賃料が安定しており、ワンルームマンションなど狭い面積の物件でも定期的な需要があるので空室のリスクは少ないと言えます。ただし初期の自己資金額も高いので、人気のある好物件を選ぶようにするのがおすすめです。

最近の記事一覧

月別記事一覧