アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資と節税の関係性

不動産投資と節税の関係性

不動産投資と節税の関係性はよく指摘されています。個人や法人を問わず、不動産への投資分が減価償却、固定資産税などで赤字になるのであれば所得税が減り、結果として節税することが可能です。
また相続に関しても、現金などの税率が高い資産を不動産にしておくことで最大で税率が1/3ほどに減ることも期待できます。このように不動産投資にある程度のお金を回しておくことで、節税できるという関係性が成り立っています。
しかし、不動産が黒字になれば上記の税金を節約するという効果はなくなるので、純粋に不動産への投資で利益を得たいとお考えなら二次的な効果を期待する必要はありません。不動産と税金の関係をうまく考慮した上で賢く投資しましょう。

最近の記事一覧

月別記事一覧