アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資において地震に強いエリアを把握しておくべき理由

不動産投資において地震に強いエリアを把握しておくべき理由

不動産投資において重要なことの1つに安全性が挙げられます。そういった意味では、地震に強いかどうかというのは重要な問題と言えます。
マンションというのは、大きな地震によって低層部分の損壊が目立ってしまったり、屋上の給水設備が傾いてしまうことがあります。ですから、地震に強いエリアというものを把握しておくと良いものです。そういったエリアであれば、弱いエリアに比べて、影響は少ないものです。
マンションというのは なお、具体的な数字からの判断で、不動産投資に役立てることができる場合もあります。それが、新耐震基準です。1981年6月1日以降に建築認可を受けた建物であれば、この新耐震基準を満たしています。耐震性において1つの重要な目安となるものです。

最近の記事一覧

月別記事一覧