アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資のリスクとなる「空室」になりやすい物件とは?

不動産投資のリスクとなる「空室」になりやすい物件とは?

空室リスクを考えることによって、不動産投資は上手くいきます。
物件の選び方として、空室になりやすい物件を選ばないことが大切です。 このような物件の特徴として、入居者が入りにくい立地であることが挙げられます。
できるだけ利便性の良い立地を選択することで、入居者を多く獲得することができるからです。 一般的には都市部の方が入居者が多いため有利になりますが、都市部であってもターゲットを固定して物件選びを行う方がリスクを減らすことにつながります。
学生や一人暮らしのビジネスマンなど、ワンルームマンションを考えるのであれば多数の入居者候補が存在します。 その中から立地に適したターゲットを考えることが、物件選びの基礎です。

最近の記事一覧

月別記事一覧