アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 法人で不動産投資を行うメリット・デメリット

法人で不動産投資を行うメリット・デメリット

不動産投資の場合、大きく異なってくるのが税率です。個人の場合は所得税率、法人の場合は法人税率となりどちらも利益に応じて上昇する仕組みになっています。ただしその上がり方は全く異なり、個人よりも税金はぐっと抑えられます。また役員報酬などで個人の給与として支払う方法をとるなどすれば、トータルで発生する税金をぐっと抑えることが出来るでしょう。
また「減価償却費」という建物金額を徐々に減らしていく経費を計上する必要あります。個人の場合、複雑な計算式に基づいて算定した額を計上しなければいけませんが、法人は0円から可能で幾らでも計上することが可能です。
このようなメリットがありますが、デメリットとして投資する物件によっては投資の条件が厳しく、融資が受けられない場合があるので注意しましょう。

最近の記事一覧

月別記事一覧