アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > ファミリーマンション投資の隠れたリスクとは

ファミリーマンション投資の隠れたリスクとは

不動産投資の中でも、マンション投資は初心者にも人気があります。
ワンルームタイプ、ファミリータイプと大きく分けて二つの間取りがありますが、今回はファミリータイプの場合についてお話します。
ファミリータイプは中古物件が多く、選ぶのに迷うくらいの数があります。
部屋数が多い分、ワンルームに比べて家賃は上がりますが、その分修繕費や管理も高いのが特徴です。
そのため運用を始めたものの数年経って赤字になってしまった…というケースも多々あります。
また、ファミリータイプは入居者が決まりにくい、というのもリスクの一つです。通勤通学、買い物などの利便性や住環境などが重要となってきます。家族全員が住むのですから、当然といえば当然です。
ただ一度入居が決まれば長期に住んでもらえるというメリットもあります。
将来投資が上手くいかなくても、ご自身が住む予定ならいいですが、住むつもりがないのなら、購入する前に慎重に検討する必要があります。

最近の記事一覧

月別記事一覧