アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 定年後から始める不動産投資、必要な資金は?

定年後から始める不動産投資、必要な資金は?

不動産投資とはマンションやアパートなどの不動産を保有し、住居を探している人に賃貸したり、売却したりすることでその利益を獲得するというやり方です。
近年定年後でも安定して収入を得る方法として注目されており、退職金や年金だけは不安定な人にはおすすめの方法です。ただ資金として最低でも200万円ほどが必要になります。しかしその金額で投資に成功すればその金額が何倍にもなって自分に返ってきます。
さらにこの家賃収入は生命保険の変わりにもなり、本人だけではなくその家族にも利点が大きいのが特徴です。定年後にも収入を得るため家賃収入は不動産所得として申告しなければなりませんが、必要な金利や税金は差し引かれるため節税対策にもなります。

最近の記事一覧

月別記事一覧