アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 不動産投資において物件の管理形態は重要?

不動産投資において物件の管理形態は重要?

不動産投資を成功させるうえで、物件の立地やグレード、設備仕様に加えて管理形態の良し悪しが大きく影響してきます。
賃貸経営を続けるにあたって、物件の管理形態そのものが入居率や家賃、物件の評判そのものも左右します。管理でつまづいてしまうと、その後の収支計画や修繕計画が狂い、収益性や資産力を大幅に低下させかねません。
管理には自己管理と管理委託がありますが、管理会社などに業務を委託し任せる場合、募集、集金、入退居管理などを代行してもらう入居者管理と、共有部分の清掃やメンテナンス、建物の修繕などを管理してもらう建物管理全般を担当してもらうことになります。いわゆる管理人の仕事を管理会社にお任せするということになります。
その場合日勤でなく、管理人室に住み込んでもらう常駐管理のほうが全般的に細やかな業務体制が可能となりますが、管理費は高くなってしまいます。
その物件にとって、よりよい管理形態を正しく見据えておくことはきわめて重要と言えます。

最近の記事一覧

月別記事一覧