アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > サラリーマンが不動産投資をする際に考えておきたい節税のポイント

サラリーマンが不動産投資をする際に考えておきたい節税のポイント

サラリーマンが副業として不動産投資をする際には、たとえ不動産投資で赤字が出た場合でも、給与所得から赤字分を控除することができますので、節税対策として有効です。
より節税効果を高めるには、確定申告の際に白色申告ではなく青色申告をすることがお勧めです。青色申告をすると青色申告特別控除が適用され、最大で65万円を所得から控除することができます。青色申告をするには所定の方法で帳簿をつけることが必要になりますが、最大で65万円もの金額を控除できるので、税金の負担を大きく軽減することが可能になります。
青色申告にする場合は、配偶者などの家族に対して支払った報酬を全額控除することも可能で、税額を低くすることができます。このように、サラリーマンが不動産投資をする際には、青色申告にすると大変有利になります。

最近の記事一覧

月別記事一覧