アセット不動産 > 投資家ブログ > 不動産投資 > 海外不動産の方が日本国内よりも節税効果が出る理由

海外不動産の方が日本国内よりも節税効果が出る理由

投資するなら、海外不動産の方が国内よりも節税効果が高い最大の理由は、不動産所得から経費として引き去ることができる、建物の減価償却費が、一般的に海外の方が大きいことによります。同じ金額を国内で投資しても、資産価値全体のうち、減価償却の対象外となる土地の割合が高いため、建物に対する大きな減価償却費はあまり多くは計上できません。
維持費や修繕費などを含めた経費が大きければ、結果として、所得が少ないか赤字となり、不動産所得に対する所得税も小さくなります。 さらに、給与所得者の場合には、給与所得と合算して「損益通算」できるので、赤字が出た分は給与所得分の所得税から減額され、全体として所得が少なくなります。これは、住民税や社会保険料などの減額にも繋がりますので、メリットは大きいと言えます。

最近の記事一覧

月別記事一覧