アセット不動産 > 投資家ブログ > インバウンド投資が人気?需要のあるエリアの特徴は?

インバウンド投資が人気?需要のあるエリアの特徴は?

外国人、特に台湾や中国の富裕者層によるインバウンド投資が人気です。
海外から日本のものを購入することをインバウンドと言い、特に不動産分野で人気なようです。理由としては、2020年に東京でオリンピックが開催されること、円安であることなどがあげられます。
具体的にどのようなエリアが人気があるのかと言うと、ズバリ東京23区です。外国の富裕層の方々が日本のサラリーマンでは手が届かないような高額不動産を高値で購入するのが特徴になっています。理由は不人気な物件よりも、高値で長期において安定的な収益が見込める物件が人気だからでしょう。特に六本木や青山・赤坂・広尾など国際的にも有名な「ブランド」的なエリアに人気が集中しているようです。この傾向は今しばらく続くと思われます。

最近の記事一覧

月別記事一覧