アセット不動産 > 投資家ブログ > 日本の不動産のインバウンド投資、人気が高い国は?

日本の不動産のインバウンド投資、人気が高い国は?

アウトバウンドとは、日本人が海外へ出ることを言い、逆にインバウンドとは海外から日本へ来ることを言います。日本への不動産のインバウンド投資が盛んな国は、台湾や香港等の華僑の富裕層となっています。
これは円安の影響や2020年に開催予定の東京オリンピックをにらんだもので実際に住むという目的と投資になるという両方の面で確実に値上がりするという物件を狙っているからです。彼らは東京の不動産をとても重視していて、このような希少価値のある物件を探しています。 それは自国より日本のほうが政治的にも経済的にも長期間安定しているからです。
彼らは値下がりのしにくい物件を長期間保有したいと考えています。また換金しやすい等の理由で不動産投資をしています。

最近の記事一覧

月別記事一覧