アセット不動産 > 投資家ブログ > 室橋 孝則 > 不動産投資での節税ポイント「固定資産税」について

不動産投資での節税ポイント「固定資産税」について

固定資産税とは、土地及び家屋など不動産にかかる税金のことです。その税率は、家屋よりも土地の方が高くなっています。一戸建ての場合には、所有している土地及び家屋について税金がかかります。分譲マンションの場合には、家屋は所有している部屋の評価額についてかかり、土地はマンションの全体の床面積から対象の床面積で按分した割合だけ税金がかかります。
このような固定資産税を節税するポイントは、住宅用の土地は優遇されるということです。例えば、空き地をそのまま所有しているより、アパートを建てて住宅用とすると土地についての税率が下がります。したがって、節税することが出来るのです。
逆に空き家の建っている土地を所有しているが、誰も住まいとして活用していないため、取り壊したとします。すると取り壊した翌年から土地についての税率が上がってしまいます。土地を所有している場合には、住宅用地の特例を活用することが不動産投資においては、重要なのです。

最近の記事一覧

月別記事一覧