アセット不動産 > 投資家ブログ > 田村 秀史 > 不動産の減価償却費の計上による節税方法

不動産の減価償却費の計上による節税方法

不動産を投資目的で購入する場合、減価償却による節税効果を知っておくと便利です。
たとえば、1000万円の不動産を購入すると、今後5年間毎年500万円の収入があるとしましょう。毎年500万円の収入ということは、毎年500万円の利益があると思ってしまいますが、現実には利益に税金が課されます。仮に税率が40%とすると、利益の500万円の40%である200万円が税金で引かれてしまうので、差し引きで利益は300万円となります。
そして、ここで減価償却の登場です。不動産を5年間で減価償却すると、毎年200万円の費用となります。しかし、減価償却費は現金支出を伴わない費用なので、現金収入は500万円のままで、利益は減価償却費200万円を引いた300万円となります。これに税率40%が課されると、支払うべき税金は120万円となり、減価償却する前と比べると80万円の節税となります。

最近の記事一覧

月別記事一覧